そろっていますか?
インターネットには、これだけ必要です。

パソコンだけではインターネットを利用することはできません。ここでは、インターネットを利用するために必要なモノをそれぞれのコース毎にご紹介します。まずはチェックしてみましょう。また、ご使用の機器のマニュアルもよく読んで正しく接続してください。環境がそろったところでインターネット接続の設定開始です。

回線の接続方法


X ADSLコースのご利用にあたって

【Point1】
接続設定はNTT東日本・西日本から配付されるフレッツ接続ツール「PPP OVER ETHERNETクライアントソフトウェア」をご利用ください(NTT西日本についてはダウンロードメニューを用意)。 ※設定にあたっては、「フレッツ接続ツールセットアップガイド」をご一読ください。 ※PPPoEを実装したブロードバンドルータをご利用の場合「フレッツ接続ツール」をインストールする必要はありません。

【Point2】
常時接続状態でも定額!だからメールモードの設定は不要です。

【Point3】
他プロバイダの「フレッツ・ADSL」対応コースからの切り替えの場合、NTT東日本・西日本への手続きは必要はありません。
※ネットワークID等の設定は必要です。
※パソコンを複数台接続する場合は、ADSLモデムではなくPPPoEを実装したブロードバンドルータをご利用ください (Ethernetインターフェースを備えたパソコン)。

その他詳細は、こちらにてご案内しております。


用意するもの

パソコン本体
Windows搭載の機種やMacintoshが一般的で、デスクトップ型、ノートブック型があります。X ADSLコースの場合は携帯電話・PHS・モバイル機器等はご利用になれません。

回線
X ADSLコースのご利用にあたっては、電話回線(アナログ回線)をそのまま利用して、高速なデータ通信を可能にする、NTT東日本・西日本の提供するベストエフォート型ブロードバンドシステム「フレッツ・ADSL」のご契約が必要です。

通信機器
通話とデータ通信を共用する場合は、スプリッタ(信号を分配し、電話器とADSLモデムに不要な信号が流れないようにする装置)および、ADSLモデムが必要です。データ通信専用で回線を使用する場合は、ADSLモデムが必要です。

接続ソフト
あなたのパソコンをインターネット接続するためのソフトウェアです。 X ADSLコースの場合、NTT東日本・西日本が提供する「フレッツ接続ツール」で必要なほとんどの設定ができます。ユーザーID、ネットワークパスワードもこのツールで入力・設定できます。必要な手順はツールに添付されているガイドで説明されていますので、ご参照ください。

WWWブラウザ
ホームページを見るためのソフトウェアです。「Internet Explorer 」や「Netscape Communicator (tm)」などがあります。

メールソフト
電子メールをやりとりするためのソフトウェアです。


前のページに戻る