●サービスの概要
●注意点
●申込手続き
●変更手続き
●解約手続き
●容量確認

●準備するもの
●ホームページの作り方

●MIMEタイプ一覧

●FTP方法
 - 注意点
 - Windows
 - Macintosh

●CGIスクリプトパック
 - アクセスカウンタ
 - 掲示板
 - チャット
 - オプションメール
 - 投票システム
 - 全文検索

 - パスワード認証

 - ファイル構成

●よくある質問

●お問い合わせ

 

パスワード認証

パスワード認証とは、掲示板、チャットにアクセス制限をかける機能です。友人や知人にパスワードを教えることで、限られた人だけがアクセスできるようになります。

別途、お申込の必要はありません。下記の手順にてご自身でパスワードを設定することができます。


パスワード認証の設置方法
1

任意のファイル名(○○○.htmlなど)で、パスワード管理画面へのリンクを含むhtmlファイルを作成し、サーバーに転送します。この際、ファイル名は他人に簡単に推測されないような名前にしてください。

パスワード管理画面へのリンク先は下記のとおりです。
※cgi-binの前の「/」は忘れないようにご注意ください。
リンク先:/cgi-bin/common1/GUI/passwd.cgi

例:
<a href="/cgi-bin/common1/GUI/passwd.cgi">パスワード管理画面へ</a>
 
2

【1】にて作成したhtmlファイルをブラウザで表示させ、リンクをクリックすると、【3】のようなパスワード管理画面が表示されます。

 
3

設定したいサービス名(掲示板、チャット、ユーザー認証)を選び、新パスワード欄(確認用を含む)にお好きなパスワードを設定してください。

パスワード管理画面のサンプル
パスワードを登録/変更/削除するサービス:
チャット
BBS
ユーザー認証(パスワード管理画面)

旧パスワード :
 (旧パスワードが無い場合は、空欄にして下さい。)

新パスワード :
 (パスワードを消去する場合は、空欄にして下さい。)

新パスワード(確認) :
 (パスワードを消去する場合は、空欄にして下さい。)

   
4

これでパスワードの設定は完了です。設定したサービスにアクセスすると、下記のようなパスワード入力画面が表示されますので、設定したパスワードを正しく入力していただくことでアクセスが可能になります。

パスワードを入力してください

パスワード:


ご注意
*1
「ユーザー認証」とは、パスワード管理画面自体に入るための認証です。FTPソフト等でファイルアップロード時に使用するパスワードとは無関係ですので、ご注意ください。また、初期状態では、これらのサービスのパスワードは、全て未設定です。
*2
パスワード管理画面およびパスワード入力画面は、CGIプログラムが自動的に生成するHTMLファイルのため、お客様ご自身でデザインやレイアウトを変更することはできません。
*3

一度登録したパスワードを消去する場合は、旧パスワード欄に旧パスワードを入力し、新パスワード欄(確認用を含む)を空欄にしたまま変更ボタンを押してください。

*4

「bbspasswd」および「chatpasswd」、「user_auth_passwd」は、それぞれお客様が設定されたパスワードを管理しているファイルで、パスワードを設定した時点で自動的に作成されます。パスワードを忘れた場合はこれらのファイルを手動で削除していただくことで再設定が可能になりますが、掲示板やチャットが一時的にオープンになってしまいますのでご注意ください。

 cgidata/bbspasswd
  掲示板用パスワードファイル
 cgidata/chatpasswd
  チャット用パスワードファイル
 cgidata/user_auth_passwd
  ユーザー認証用パスワードファイル

 

 


前のページに戻る