●サービスの概要
●注意点
●申込手続き
●変更手続き
●解約手続き
●容量確認

●準備するもの
●ホームページの作り方

●MIMEタイプ一覧

●FTP方法
 - 注意点
 - Windows
 - Macintosh

●CGIスクリプトパック
 - アクセスカウンタ
 - 掲示板
 - チャット
 - オプションメール
 - 投票システム
 - 全文検索

 - パスワード認証

 - ファイル構成

●よくある質問

●お問い合わせ

 

ファイル名について
ブラウザでhttp://www2.○○○○.○○.○○/ユーザ名/と入力して最初に表示されるトップページは、index.htmlまたはindex.htmにしてください。ファイル名をこの名前にすることにより「ユーザ名/」以下を省略することができるため、必ずどちらかのファイル名にする必要があります。

また、ファイル名、ディレクトリ名はすべて半角英数字にする必要があります。 日本語、全角英数字、「 (スペース)」・「!」・「?」などを利用するとページが表示されないなどの不具合が発生する可能性があります。

ファイル転送時について
ホームページをアップロードする際には、ファイルの転送モードにご注意ください。一般的にHTMLなどのテキストファイルはASCIIモード(テキストモード)、画像などのGIFファイルやJPGファイルはバイナリモード(生データ)にて転送します。

初期ディレクトリについて
log
これはお客様のホームページへのアクセスのログ配信用のものです。そのままにしておいてください。

Counters
これはCGIスクリプトパックのメニューのひとつであるアクセスカウンタの使用の際に必要となるものです。 このディレクトリはお客様以外の方でも書き込みができるようにあらかじめ設定されておりますので、 セキュリティ上問題がある場合は、お客様ご自身でFTPの操作により削除してください。

cgidata
これはCGIスクリプトパックの掲示板やチャットを利用される時にお客さま側で作成していただくディレクトリです。この中でお客様ご自身で自由に変更できるファイルもありますが、ディレクトリごと削除してしまいますと、掲示板やチャットがご利用できなくなりますのでご注意ください。詳しくはこちらをご覧ください。

CGIの利用について
お客様が作成されたCGIプログラムは利用できません。
当サービスで用意したCGIスクリプトパックを利用することにより、アクセスカウンタなどいくつかのCGIプログラムと同様の動作を行なうコンテンツを作成することができます。
その他
SSI、SSL機能は使用できません。
telnetのshell環境はご提供しておりません。
ホームページの代行作成、代行設置は弊社では取り扱っておりません。
サーバに設定しているMIMEタイプについてはこちらをご覧ください。
 

こんな時には...
*1
文字化けする、画像が×で表示される。
ホームページをアップロードする際には、ファイルの転送モードにご注意ください。一般的にHTMLなどのテキストファイルはASCIIモード(テキストモード)、画像などのGIFファイルやJPGファイルはバイナリモードにて転送します。
*2
画像やリンク先が正しく表示されない。
画像やリンク先が正しく設定されていますか?リンク先が「file:///〜マイドキュメント〜」などになっていると、サーバに転送しても正しく認識されません。これはあなたのパソコン内にあるファイルをリンク指定していることになるからです。一度画像を削除して、もう一度設定し直してみてください。
*3

ページが表示されない。
ブラウザでhttp://www2.○○○○.○○.○○/ユーザ名/と入力して最初に表示されるページは、index.htmlまたはindex.htmになっていますか?ファイル名をこの名前にすることにより「ユーザ名/」以下を省略することができるため、必ずこのファイル名にする必要があります。

また、ファイル名はすべて半角英数字にする必要があります。 日本語、全角英数字、「 (スペース)」・「!」・「?」などを利用するとページが表示されないなどの不具合が発生する可能性があります。

 

 


前のページに戻る