●サービスの概要
●注意点
●申込手続き
●変更手続き
●解約手続き
●容量確認

●準備するもの
●ホームページの作り方

●MIMEタイプ一覧

●FTP方法
 - 注意点
 - Windows
 - Macintosh

●CGIスクリプトパック
 - アクセスカウンタ
 - 掲示板
 - チャット
 - オプションメール
 - 投票システム
 - 全文検索

 - パスワード認証

 - ファイル構成

●よくある質問

●お問い合わせ

 

掲示板(Ver.2)

掲示板はホームページを訪れるユーザのコミュニケーションツールです。本掲示板はSpaceサービス1契約につき1つご利用でき、パスワード認証により限られた人だけがアクセスできるようすることも可能です。
パスワード認証について詳しくはこちら


掲示板のサンプル

掲示板の設置方法
1 掲示板を利用するには、設定ファイルなどの準備が必要です。以下の手順にてファイルを準備してください。
 
  • メモ帳などのテキストエディタで設定ファイルを作成します。
    作成したファイルに「bbsuser.dat」という名前を付けて保存します。

  • 掲示板の書き込みデータ用に空のファイルを作成します。
    メモ帳などのテキストエディタで新規ファイルを作成し、何も入力しない状態で「bbs.dat」という名前を付けて保存します。

  • お客様ディレクトリ(ftpログイン後の初期ディレクトリ)に「cgidata」という名前のディレクトリを作成します。
    ※チャット、投票システムをご利用で既にcgidataディレクトリを作成済みの場合はそのまま次のステップに進んでください。

  • cgidataディレクトリにbbsuser.dat、bbs.datをftp転送します。
    転送後、各ディレクトリ/ファイルのパーミッション(書き込み権限)を以下のように設定します。

    +--/cgidata/  ...[777]
       | bbs.dat  ...[666]
       | bbsuser.dat  ...[644]
 
2

掲示板へのリンクを設定します。例えばTOPページから掲示板へのリンクを張る場合は、index.htmlの中に下記のように記述します。

<A HREF="/cgi-bin/common1/bbs/bbs.cgi">掲示板</A>

※cgi-binの前の「/」は忘れないようにご注意ください。

 
3 ブラウザで実際に掲示板を見てみましょう。掲示板が表示されていれば正しく設置できたことになります。
 
4 本掲示板は、背景色などを自由に変えることができます。正しく設置できた方は、お好みの色に設定してみてください。
 → 詳しくはこちら

ご注意
*1
ファイルの取り扱いについて
cgidataディレクトリやその中に設置してあるファイルは、削除しないでください。削除すると掲示板は使用できなくなります。
*2
保存件数
保存件数は1000件です。それを越えると古い内容から順に自動で削除されます。手動で削除したい場合は下記の「データの編集・削除」に従って削除してください。
*3

データの編集・削除

+--/cgidata/
    | bbs.dat
(書き込みログ管理ファイル)
    | bbsuser.dat
(各種設定ファイル)

掲示板に書き込まれた内容は、お客様ディレクトリの中のcgidataの中にあるbbs.datを書きかえることで編集・削除ができます。
このファイルをFTPソフトを使ってダウンロードし、テキストエディタソフトを使って書きかえたのち、cgidataディレクトリの中へFTPソフトを使ってアップロードしてください。

なお、すべての書き込みメッセージを削除したい場合は、ダウンロードしたbbs.datの内容をすべて消去し、cgidataディレクトリの中へFTPソフトを使ってアップロードするか、あらかじめbbs.datという空のテキストファイルを作成後、cgidataの中へFTPソフトを使ってアップロード、上書きすることで可能です。

なお、bbs.datを編集する際には、お客様の責任において行なってください。書き込みデータの復元・編集等はいたしかねますのでご了承ください。

bbsuser.datは、掲示板タイトルや背景色などの設定ファイルです。詳しくはこちらをご覧ください。

*4
ディスクの容量
契約されている容量と、すでに使用している容量をご確認の上、くれぐれも契約容量を超えないようご注意ください。容量の確認はこちらで行なえます。

 

 


前のページに戻る