料金・サービス サービス概要 お支払方法 バックボーン 利用規約 Q&A コース料金

■ウイルスチェックサービスについて
Q1. 「ウイルスチェックサービス」はどんなサービスですか?
Q2. 「ウイルスチェックサービス」はどのメーカーのウイルスチェックを使用していますか?
Q3. ウイルスが検出された場合、どのようにお知らせしてもらえますか?
Q4. ウイルスに感染していたため、削除されたメールを復旧することはできますか?
Q5.

全てのウイルスを必ず削除できますか?

Q6. ウイルスチェックを利用しているにもかかわらずウイルスの被害にあった場合、損害賠償してくれますか?
Q7. ウイルスチェックを利用すれば、パソコンにインストールしてあるウイルスチェックソフトは必要ないですか?
Q8. 新種のウイルスはチェックされますか?
Q9. HTMLメールはチェックされますか?
Q10. サービスを申し込み方法を教えてください。
※注意事項について



Q1.
「ウイルスチェックサービス」はどんなサービスですか?

 

A1.  パソコンへのインストール型ソフトと違い、お客さまのパソコンにメールが届く前にプライベートブランドのメールサーバ側でウイルスチェックを行って、ウイルスを削除するというサービスです。 プライベートブランドウイルスチェックサービスは最新のウイルス情報を定期的に更新しています。お客さまはウイルス定義更新の手間が省けます。 その他にも次のような利点があります。
・ サーバ側でチェックを行うため、メールを受信するパソコンを選びません。(例えば会社のパソコンでも家のパソコンまたはアプリケーションソフトをインストールできないPDA端末でもウイルスチェックができます。)
・ 他のアプリケーションソフトの動作に影響がありません。


Q2.
「ウイルスチェックサービス」はどのメーカーのウイルスチェックを使用していますか?

 

A2. プライベートブランド「ウイルスチェックサービス」はSymantec社の「NortonAintiVirus」を使用して 、ウイルス検出および削除いたします。


Q3.
ウイルスが検出された場合、どのようにお知らせしてもらえますか?

  A3. プライベートブランドサービスをご利用のお客様がウィルスメールを送信したときは送信者へ、受信したときは受信者へ、それぞれ警告メッセージが送られます。なおウィルスが検出されたメールは、そのメールを全てを削除するためメールの本文を参照することはできません。また、本サービスの保証・責任についてはご利用にあたっての注意事項をご覧ください。

Q4.
ウイルスに感染していたため、削除されたメールを復旧することはできますか?

  A4. できません。ウイルスを削除したメールを再送するように送信者へ連絡を取っていただきますよう、お願いいたします。

Q5.
全てのウイルスを必ず削除できますか?

  A5.  いいえ、全てのウイルスに完全に対応できるわけではありません。プライベートブランドウイルスチェックサービスシステムのウイルス情報(定義ファイル)にあるものについてのみ対応できます。Symantec社のウイルス定義ファイルを毎日更新しており、危険度が高い新種のウイルスが発見された場合は早急に定義ファイルを更新する体制をとっております。

Q6.
ウイルスチェックを利用しているにもかかわらずウイルスの被害にあった場合、損害賠償してくれますか?

  A6. いいえ、本サービスの利用に関連して生じたお客さまおよび第三者の損害につき、結果的損害、付随的損害および逸失利益を含め、当社は一切の補償・賠償を行いません。

Q7.
ウイルスチェックを利用すれば、パソコンにインストールしてあるウイルスチェックソフトは必要ないですか?

  A7. 本サービスはメールに含まれるウイルスの削除を対象としております。CD-ROMやウェッブサイト(ホームページ)からのウイルスの侵入に対応するためには パソコンインストール型ソフトと併用することをおすすめします。

Q8.
新種のウイルスはチェックされますか?

 

A8. Symantec社とプライベートブランドはホットライン体制を敷いており、Symantec社が提供する最新のウイルス情報(定義ファイル)に更新しています。


Q9.
HTMLメールはチェックされますか?

  A9. 添付ファイルではないHTMLメールはチェックの対象外です。

Q10.
サービスを申し込み方法を教えてください。

  A10. お申し込みのお手続きは必要ありません。プライベートブランドでは、全てのお客さまに対しウィルスチェックサービスを標準として無料で提供しております。

※注意事項について

NTTPCコミュニケーションズ(以下、「当社」という)は本サービスによって、全てのウイルスが必ず検出・削除できることは保証しておりません。当社は、本サービスがお客さまの特定の目的に適合すること、期待する機能を有すること、商品的価値を有すること、不具合が生じないことを含め、本件サービスに関して明示的にも黙示的にも一切の保証を行いません。また、当社は、本サービスがウイルスチェックとして完全な機能を果たすことを保証するものではありません。
本サービスの利用に関連して生じたお客さまおよび第三者の損害につき、結果的損害、付随的損害および逸失利益を含め、当社は一切の補償・賠償を行いません。
本サービスは圧縮を繰り返した回数が9 回以下のファイルに含まれる感染ファイルを検知できます。(10回以上圧縮されたファイルの検知はできません。)
ウイルスが検知された場合、該当メールは削除されます。
ファイルをuuencode 以外の方式でテキストエンコードしたものをメール本文に貼り付けたメールの場合、本サービスはそれを添付ファイルとみなしませんので、ウイルススキャンは行われません。
Macintosh、MacOS(KanjiTalk)で動作するバイナリのウイルスには対応いたしておりません。
S/MIME などのように暗号化された電子メールの添付ファイルはスキャンできません。
電子署名付きのメールの添付ファイルにウイルスが検知された場合、署名は無効となります。
メールソフトの機能により分割送信されたメールは「Mail Policy Block」となり削除されます。
すでに感染してしまったウィルスを駆除することはできません。また、メールのみのウィルスチェックサービスですので、お客さまのパソコン環境(ハードディスクやフロッピーディスク)はウィルスチェックの対象になりません。
ウィルスチェック機能は、日々、最新バージョンに更新しておりますが、最新種のウィルスには対応できない場合もあります。削除の対象になるウィルスは、ウィルスチェック実行時における、Symantec社が提供するウィルスパターンにより対応可能なウィルスのみです。
新種のウィルスや一部のウィルスに対応するため、RFCに違反した形式のメールは、サーバでブロックすることがあります。

前のページに戻る